結婚相談所での意思

メモ結婚をするのは当事者ですので最終的な意思決定は本人がすることにはなりますが、結婚の場合には最終決定を行う際にご家族の意見も参考にすることが必要になることがほとんどです。結婚後は、本人たちのつながりの他に家族間のつながりも増えますので、本人以外の方の同意が無ければ、いろいろな点で大きなトラブルになってしまうことも考えられるからです。このようなトラブルを回避するために近年では親同士がお子さんの代わりにお見合いをするというケースが増えています。更には結婚相談所においてもそのような親同士のお見合いが行われることが一般的になってきています。親同士でお見合いをしておけば、家族間の価値観などもあらかじめ摺合せができますので、結婚後も円滑な家族関係へと発展していくことになるはずです。結婚相談所では親御さんの意志も十分に尊重しながら、理想的な結婚相手を紹介することも行われています。

結婚するのは本人ですので、あくまでも親の意見は参考にすべきものであるのは言うまでもありませんが、親御さんの意見を真摯にうけとめて自分にとって最良の相手を探して行くという視野の広さを持った方が、良縁に恵まれることも少なくないはずです。

結婚相談所の利用者

業者最近は、当人同士の意志が尊重されるようになってきた結婚ですが、一昔前では本人同士の気持ちよりも家族の意志が尊重されることが多いものでした。したがって、結婚の相手は家族や親せきの紹介で決まることがほとんどでした。家族が決めた相手という考え方はなんだか昔の考え方のようにも思えますが、この考え方のために、昔は誰もが結婚することができるようになっていました。しかしながら、個人の意見が尊重される時代になって、近年では結婚することができないというようなことも起きるようになってしまいました。自分の意志で結婚しないのであれば問題ないのですが、自分の意志とは反対に結婚できないというようなケースも起こるようになってしまっています

そのような問題点を克服するために重要な役割を果たすようになってきているのが、結婚相談所です。選択の幅も広く、昔ながらのお見合いとは異なって堅苦しいこともありませんので、時代に流れに沿った婚活を進めていくことが可能になります。また、家族の意見を尊重しながら、婚活を進めていくことも可能です。したがって結婚相談所の利用者は本人とその家族という時代になってきています。いろいろな方の意見を尊重しながら相手を探して行くことが可能になることも大いに期待できます。

親のための結婚相談所

婚活において良い縁談を探して苦労をするのは本人だけに限らない時代となってきています。親の方も子供の将来を考えて、婚活のサポートをするようになってきています。あまり結婚する気が無いような子供の事を心配して親の方が代理で婚活をするというようなケースも出てきています。そのために、親御さんのほうが結婚相談所を活用するということも一般的なことになっています。この場合には親御さん同士で代理お見合いをすることになります。(お子さんの方は出席しないでお見合いが行われることになります)

カップル結婚相談所が行う親御さんの代理お見合いの場合も同様にお子さんの代わりに相手の親御さんとお見合いをすることになります。この方法の良いところは親同士の同意が既に得られていることです。結婚の際に最大の障壁になるのが相手の親からの同意ですので、親同士があらかじめお見合いをしておけば、最大の障壁を既にクリアしていることになりますので、結婚に向けてスムーズにことが運ぶことになります。さらには、親御さんは人生の先輩ですので、お子さんの幸せを願って、間違いのない相手を探す努力をしますので、間違いのない相手を紹介してもらえる可能性が高まります。自分の目で結婚相手を探すという方法も決して悪くはありませんが、仮になかなか良い相手に巡り合うことができないのであれば、親御さんの愛情を信じてその方と交際してみてもいいでしょう。人生の先輩である親御さんの判断は場合によっては自分よりも確かで信頼できるものになるかもしれません。

推奨HP / 代理お見合い[FIORE]